脱毛のQ&A

医療脱毛の脱毛機の違い:各メリット・デメリットを解説

医療脱毛の脱毛機の違い:各メリット・デメリットを解説

最近では「サロンは効果がないから」という理由で医療脱毛を選ぶ方が多いですが、調べてみるとクリニックによって使っている脱毛機が違い「どれが一番効果があるんだろう?」と疑問に思いますよね。

そこで今回は

  • 医療脱毛の脱毛機の違い
  • それぞれのメリット・デメリット

などをご紹介していきたいと思います。

医療脱毛の脱毛機の違い

ひつじちゃん
ひつじちゃん
医療脱毛は3つのレーザーの種類に分類することができます。
レーザーの種類 アレキサンドライトレーザー ダイオードレーザー YAGレーザー
脱毛機の種類

【アレキサンドライトレーザー単体】

【アレキサンドライトレーザーとYAGレーザーの複合】

  • ジェントルマックスプロ
  • G-MAX
  • アポジーエリート
波長 755nm 810nm 1064nm
特徴 メラニンに反応するレーザーが毛穴奥の毛母細胞を破壊する。厚生労働省から認可された脱毛機を多くのクリニックが使っている 蓄熱式はバルジ領域を破壊し、ショット式は毛母細胞を破壊する 波長の長いレーザーを照射し、毛穴奥の毛母細胞を徹底的に破壊する
脱毛効果
(毛が抜けるまで)
普通
(1~2週間)
遅い
(1週間~1ヶ月)
早い
(2~3日)
痛み 普通 弱め 強め
産毛
(イマイチ)

(効果あり)
×
(効果なし)
色黒・日焼け ×
(不可)

(脱毛可能)
×
(不可)

基本的には「波長の長いレーザーほど脱毛効果が高い」という仕組みになっていますが、そのぶん痛みも強くなっています。

脱毛前にジェルを塗ったり、施術中に冷却ガスを噴出したり、笑気麻酔で痛みを和らげたりなど様々な対策が用意されていますが、もし「痛みが不安…」というのであればアレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーを使った脱毛機のクリニックに通うのがおすすめです。

アレキサンドライトレーザーが定番

アレキサンドライトレーザーを使ったジェントルレーズプロは厚生労働省からも脱毛効果を認められているため、多くのクリニックが取り入れています。福岡県内のクリニックでもジェントルレーズやジェントルレーズプロを使用しているクリニックは多いため、選択肢に入ることが多いかと思います。

波長の長さは755nmと一番短いですが、毛母細胞には確実にダメージを与えることができるため、永久脱毛が可能です。

また、シミやそばかすの治療に使われるレーザーでもあるため美肌効果があるのもメリット。

デメリットは産毛や日焼けをしている肌には効果を感じにくいことです。毛のメラニンに反応するため、産毛や白髪のようにメラニンの薄い毛には反応しづらいですし、日焼けした肌は肌のメラニンにレーザーを吸収されてしまいます。

ジェントルレーズプロとは:脱毛効果や痛みについて
ジェントルレーズプロとは:脱毛効果や痛みについてジェントルレーズプロとは? ジェントルレーズプロは医療脱毛で定番の脱毛機です。当サイトの調査では福岡県内のクリニックの8割近くがジェン...

ダイオードレーザーは少ない痛みで顔や背中の産毛も綺麗に脱毛できる

ダイオードレーザーは2つの脱毛方法があるのが最大の特徴です。

1つは蓄熱式と呼ばれるもの。普通の脱毛機は毛穴奥の毛母細胞を破壊しますが、蓄熱式は毛穴の途中にあるバルジ領域と呼ばれる部位を破壊します。バルジ領域は毛母細胞に「毛を生えさせなさい」と命令する部位であるため、破壊することで間接的に毛が生えてこなくなります。

バルジ領域は毛母細胞よりも肌表面にあるため、より高い脱毛効果を期待でき、痛みも少なめとなっています。

また、毛の黒さへの反応もそこまで必要としないため、産毛や色黒の肌でも脱毛効果がでるのがメリットです。顔脱毛のように産毛の脱毛がメインで、痛みも少ない方がありがたい場合などは、特に蓄熱式での脱毛がおすすめです。

ひつじちゃん
ひつじちゃん
肌がじんわり温められているような感覚なので、リラックスした気持ちで施術を受けることができます。

デメリットは脱毛効果が出るまで時間がかかること。施術を受けても1ヶ月ぐらい経ってから「薄くなったかな?」と感じますので、施術が終わった直後は「あれ?全然効果ないかも…」と少し不安になってしまうことがあります。

もう1つのショット式は他の脱毛機と同様、毛穴奥の毛母細胞を破壊する仕組みです。痛みは蓄熱式よりも強いですが、脱毛効果を感じるまでのスピードはこちらの方が早いです。

蓄熱式 メディオスターNext Pro
ショット式 ライトシェア・デュエット

YAGレーザーは脱毛効果が高いけど痛みも強め

YAGレーザーは一番波長が長く、脱毛効果も高いです。メンズ脱毛で利用されることが多く「男はヤグ(YAGレーザー)ったほうがいいよ」と脱毛経験者からアドバイスされるほど。

医療脱毛で「ゴムをパチンとはじいたような痛み」と表現されるのはYAGレーザーを使った脱毛機の場合が多いです。笑気麻酔や冷却によって痛みを軽減することはできますが、どうしても心配なら初回カウンセリング時にお試し照射してもらうのもおすすめです。

施術をしてから数日で毛がポロポロと抜け落ちていくため、目に見えた効果を感じられないと続けられない人はYAGレーザーのクリニックが最適です。

ただし、効果があると言っても産毛や日焼けした肌には効果がありません。アレキサンドライトレーザーと同じく毛の黒さ(メラニン)に反応して照射していますからね。

ジェントルYAGとは?:脱毛効果や痛みについて
ジェントルYAGとは?:脱毛効果や痛みについてジェントルYAGとは? ジェントルYAGは医療脱毛で使われるレーザー脱毛機の1つです。ヤグレーザーと呼ばれる長い波長(1064nm)の...
5月のお得な脱毛キャンペーン!

夏に向けて脱毛をはじめる人のための、お得な割引が盛りだくさん!友人や彼氏に見られても恥ずかしくない綺麗な肌を取り戻そう!

リゼクリニック脱毛キャンペーンリゼクリニック

【キャンペーン内容】
①学割:全ての5回コースプラン20%OFF!
②のりかえ割:全ての5回コースプラン10%OFF!
③ペア割:すべてのプラン最大10%OFF!

ミュゼミュゼ

【キャンペーン期間】
2019年5月31日(火)まで
【キャンペーン内容】
1.VIO脱毛が100円で1年間通い放題!
2. 全身脱毛(※)と両ワキ・Vラインが390円でまとめて1年間通い放題!

キレイモ脱毛キャンペーンキレイモ

【キャンペーン期間】

【キャンペーン内容】
・全身脱毛が初月無料!
ハンド脱毛の無料体験実施中!


※:対象部位は上半身(背中上、背中下、両ヒジ上、両ヒジ下、両手の甲と指、ヒップ、腰、胸、乳輪周り、お腹、へそ周り)、下半身(ヒザ、両ヒザ下、両ヒザ上、両足の甲と指)、デリケートゾーン(トライアングル上、トライアングル下、Iライン、ヒップ奥)の3部位のうち2部位を選べる。