本当に永久脱毛できる脱毛方法はどれ?光脱毛・医療脱毛・美容電気脱毛を比較してみた

永久脱毛をすれば一生毛が生えてことなくなるので魅力的ですよね。しかし、ネットで調べてみてもイマイチ「どの脱毛方法が永久脱毛できるのか?」ということが分かりにくいですよね。

そこで今回は、現在主流となっている脱毛方法の中で永久脱毛ができるのはどの方法なのか、ご紹介していきたいと思います。

永久脱毛できるのは医療脱毛と美容電気脱毛

現在、永久脱毛できるのはクリニックで行われる医療脱毛と、脱毛サロンで行われる美容電気脱毛の2つです。

脱毛方法 有名店
脱毛サロン 光脱毛 ミュゼ、脱毛ラボ、銀座カラー、キレイモ、シースリーなど
美容電気脱毛 TBC
クリニック 医療脱毛 リゼクリニック、湘南美容外科、レジーナクリニック、天神皮ふ科など

脱毛と言えばミュゼや脱毛ラボなどの脱毛サロンで行われている『光脱毛』が有名ですが、実は光脱毛は永久脱毛の効果が認められていません

脱毛サロンは医療機関ではなく、施術をするスタッフも資格を持った人ではないため、国からは「高い出力での脱毛」は禁止されています。肌に火傷ができたら大変ですからね。正確には『減毛・抑毛』の効果だけが認められています

「じゃあ光脱毛の脱毛サロンは全部詐欺なの?」という問題になりますが、減毛・抑毛の効果でも回数を重ねれば永久脱毛に近いぐらい生えてこないようすることはできます。なので、脱毛サロンでは12回や18回(期間で言えば1年や2年)など、ある程度脱毛を重ねることで、ツルツルな綺麗な肌にすることができるわけです。

少ない回数で脱毛するなら医療脱毛がおすすめ

クリニックは『医療機関』とし国から認可されていますので、光脱毛よりも出力の強い脱毛をすることができます。毛が生えてくる細胞を焼き殺してしまうので、永久脱毛の効果があります。

また、回数自体も光脱毛よりも少なく、通常は5回~8回も脱毛すればツルツルの肌になります。

じゃあ「なんでみんな医療脱毛を選ばないの?」という話ですが、医療脱毛は脱毛サロンよりも料金が高かったからです。

現在は医療脱毛の料金もかなり下がり、脱毛サロンとほとんど変わらないぐらいの料金設定になっていますが、昔は50万円や100万円を超えることも珍しくありませんでした。いくら脱毛効果が高くても、この金額を払うのは抵抗がありますよね。医療ローンで分割できても、月1万円を5年、6年…と払い続けるのは大変です。

なので、世間の常識として『脱毛 = 脱毛サロン(光脱毛)』というイメージができたわけです。

ただ、現在では医療脱毛の認知度が少しずつ高くなってきており、ネットで脱毛の情報を集めている人ほど医療脱毛を選ぶケースが多いです。永久脱毛の効果をはじめ、メリットは圧倒的に医療脱毛の方が多いですからね。

関連記事:福岡(天神・博多周辺)の安いおすすめ医療レーザー脱毛【永久脱毛】

脱毛サロンで永久脱毛するなら美容電気脱毛

美容電気脱毛(ニードル脱毛)は「針のように細い器具を毛穴に入れて電気を流し、直接毛が生えてくる細胞を焼き殺してしまう脱毛方法」です。スタッフが1つ1つの毛穴を処理していくため時間はかかりますが、確実に永久脱毛できるのが魅力です。

また、「白髪も脱毛できる」「デザインを自由にできる」という2つのメリットもあります。医療脱毛は毛の黒さに反応して光を当てることで脱毛しているのですが、白髪のように色素がないと機械が反応しません。

なので、「白髪を脱毛したい」という場合はTBCがおすすめとなります。

また、手作業で脱毛していくため「脱毛のデザインを自由に決めることができます」。たとえば、「Vラインをハート型にしたい」というような場合ですね。

少数意見だとは思いますが、脱毛のデザインにこだわりがある人ほど美容電気脱毛がおすすめとなります。

そうでない場合は、光脱毛か医療脱毛を選んでおけば間違いありません。

5月脱毛キャンペーン情報

リゼクリニック脱毛キャンペーンリゼクリニック

【キャンペーン期間】
2018年5月1日~2018年5月31日
【キャンペーン内容】
全身脱毛5回コースが月々13,000円

ミュゼミュゼ

【キャンペーン期間】
2018年5月15日まで
【キャンペーン内容】
両わき&Vライン通い放題に全身22ヵ所から8ヶ所をプラスして150円で脱毛できる!

銀座カラー 脱毛キャンペーン銀座カラー

【キャンペーン期間】
2018/05/31まで
【キャンペーン内容】
全身脱毛の料金が2ヶ月分0円に!


この記事をシェアする